治療メニュー

お父さん、お母さんのお約束

虫歯治療のところでも説明しましたが、虫歯はミュータンス菌が原因となります。

ミュータンス菌はどこからくるのか。

答えは、ほとんどの場合お母さんからと言われています。同じスプーンを使って口移ししたりしたことはありませんか?実はこれがミュータンス菌を子供にうつしてしまう原因となっています。唾液に含まれるミュータンス菌が、同じスプーンを使うことによって子供の口の中に移動してしまうわけなのです。ご飯を冷まそうとフーフーしてあげるときに唾液が飛んでしまっても同様の事が起こります。
極論を言うと、このミュータンス菌さえいなければ虫歯にはなりません。ご両親には「口うつしをしない」お約束を守っていただき、お子様のお口の健康を守っていきましょう。


予防

虫歯予防にはブラッシングが効果があります。
歯についた汚れを取ることで、ミュータンス菌の住み家をなくしてしまうのです。しかし、小さいお子様は自分で上手に磨くことができませんので、お父さんお母さんが磨いてあげることになります。
上手な磨き方は、当院の優秀なスタッフが丁寧に指導いたしますので、お気軽にお尋ねください。


フッ素塗布

お子様の歯にフッ素を塗ることによって、歯を強くすることができます。
フッ素は、虫歯菌によって脱灰されたエナメル質を再石灰化する効果があります。いわゆるC0といわれている初期虫歯(白い状態の虫歯)は、適切なフッ素塗布で自然に治すことができます。
また、フッ素入りの歯磨き粉で丁寧に磨くことによって同じような効果が得られます。しかし、院内で塗布するフッ素は濃度が高いので、定期的に塗布することによって、虫歯予防の効果が高くなります。


治療

当院では、お子様を網で押さえつけて無理矢理治療することはありません。
無理矢理押さえつけられて治療されたお子様は、歯科治療に対する恐怖心が強くなります。大きくなっても歯医者さんが怖いと感じるのは、小さい時に植えつけられた恐怖心が原因であることが少なくありません。
当院では、治療できないお子様には何度も来院していただき、まず「歯科医院という場所」に慣れていただくことから始めます。そして、治療はお子様が納得してお口を開いてくれるまで待ちます。
当院では、お子様との信頼関係を築くことが、治療の第一歩と考えております。治療が上手に出来たら、お子様をいっぱい褒めてあげてください。褒められることがお子様の自信につながり、治療に対する恐怖心が取り除かれていくとこにつながります。
また、当院ではお子様をお母さんのおなかの上に乗せて治療することもできますのでどうぞご安心ください。