治療メニュー

歯並び

歯列不正は見た目の問題だけでなく、かみ合わせの問題も生じます。かみ合わせが悪いと、顎が痛くなったり、肩が凝ったり、頭が痛くなったりします。またかみ合わせが悪くなると、食べ物がよく噛めないので、消化が悪くなり胃腸に負担がかかります。胃腸に負担がかかることが全身疾患へとつながります。


治療方法

相談

当院では無料相談を実施しております。まずは気になっていることをご遠慮なくお話しください。知識豊富な矯正専門医が丁寧に対応いたします。

精密検査

詳しくお話を伺ったあと、矯正治療を始めるに当たって、レントゲンを撮り、矯正装置作成用の模型を作るための型採りをさせていただきます。

診断

レントゲンや模型を元に矯正専門医が診断いたします。その診断を元に、個々の患者さまに合った治療方法を提案させていただきます。

治療開始

治療方法が決まりましたら、いよいよ治療開始です。治療開始後は1か月、もしくは2か月に一回来院していただき、調整をしていきます。

当院で使用している矯正装置

表側からの矯正

当院では白いブラケットを使っておりますので、一昔のように目立つようなことはありません。当院では強いご希望がない限り、前歯に金属のブラケットを使用することはありません。


マウスピースによる矯正

表裏を問わずどうしてもブラケットを装着することに抵抗がある場合、透明なプラスチックで出来たマウスピースを用いた治療も可能です。この治療法は予測通りに歯が動かない場合があり、抜歯により大きく歯を移動させる必要がある場合、骨格的に問題がある場合などは治療が困難な場合があります。その場合はマウスピースとブラケットを組み合わせることにより、極力ブラケットを装着している期間を短くする治療を行うことも可能です。


子供に使用する顎を拡大する装置

子供の矯正治療は将来成人になった時に、良いかみあわせにするための準備として行うものです。そのため細かい歯のでこぼこ、曲がりや隙間を治すというよりも、上下のあごの位置の前後的問題(受け口や出っ歯など)を成長の力を利用して改善したり、狭いあごの幅を拡げたりすることで将来抜歯をなるべくしなくても治療が可能になるようにすることなどを目的としています。小学校高学年になり永久歯がはえそろう頃に、ブラケットを用いた治療が必要かどうかの再診断が必要になります。


治療費について

矯正治療は保険の利かない治療になりますので、かなりの費用がかかってしまいます。しかし、歯並びが悪いことによって将来的に全身疾患を患うリスクを考えれば決して高くないと思います。矯正治療は、自分やお子様の将来の健康に先行投資すると考えてください。